私のお気に入り in Wien~その1~

今日は、大好きなウィーンの魅力をお伝えしたいと思います。投稿者については初回の記事をご覧下さい。

ウィーンには、パリのオペラ座、ミラノのスカラ座と並び世界三大オペラ劇場と称されるウィーン国立オペラ座を始め、フォルクスオーパー、テアター・アン・デア・ウィーンなど、数多くの劇場があり、オペラ、オペレッタ、バレエ、ミュージカルなどの公演が行われています。

ウィーン国立オペラ座

DeutschAkademieの目の前にあるウィーン国立オペラ座

そして、毎年ウィーンフィルのニューイヤーコンサートが行われている楽友協会や、ウィーン一の収容人数を誇る大ホールがあるコンツェルトハウスなど、コンサートホールも充実しています。地元ウィーンの音楽家だけでなく世界的な音楽家がウィーンに集い、毎日様々なコンサートが催されています。

また、歴史に名を残した作曲家の多くがウィーンを訪れており、オーストリアが生んだ作曲家ハイドン、モーツァルト、シューベルト、シュトラウス・ファミリーだけでなく、ドイツの作曲家ベートーヴェンが住んでいた家や、様々な作曲家の自筆譜や所持品など、大変貴重な資料が数多く残っています。

ここまででウィーンが音楽の都と呼ばれる理由はお分かりいただけたかと思いますが、オペラやコンサートというと「チケットが高そう、敷居が高そう…」と思われる方も多いと思います。確かに、ウィーンのオペラやコンサートの引っ越し公演が日本に来る時、1番安いチケットでも1万円以上することもあります。しかし、言うまでもなく今はインターネットの時代ですので、ウィーンの劇場やコンサートのチケットは日本からでも購入することができ、十数ユーロで良い席をとることも可能です。そして、ウィーンにある劇場や楽友協会には「立ち見席チケット」があり、たったの3ユーロからオペラやコンサートを楽しむことが可能です。斯くいう私も立ち見ファンです。実は今日もフォルクスオーパーまでバレエの立ち見に行ってきました。

フォルクスオーパー

フォルクスオーパーにて

DeutschAkademieのコースはこちらにあるようにコースの開始・修了の日程が決まっているので、この日程に合わせて劇場やコンサートに行く予定を立てることもできると思います。長期休暇にドイツ語の語学留学を考えている方、留学先は是非ウィーンへ!

3 thoughts on “私のお気に入り in Wien~その1~

  1. Pingback: Erdbeben―地震が起こらないなんて! - Deutschkurs Blog Wien

  2. Pingback: 私のお気に入り in Wien~その2~ - Deutschkurs Blog Wien

  3. Pingback: 私のお気に入り in Wien~その3~ - Deutschkurs Blog Wien

Leave a Reply

Your email address will not be published.