Tag Archives: Deutschakademie

Learning German on a Daily Basis

I really liked today’s class. We were learning about writing complain letters. As we order more and more things online, this can be a very important lesson 🙂 It also shows how to write a formal letter to a company or to an Authority.
DeutschAkademie gives us relevant information every day, it prepares us to be independent outside the class.

Actually this is what motivates me to learn every single day and practice in the weekends. To be independent. To be able to read articles, news, watch a movie or do a simple Google search in German. There are a few series in the TV in Viennese dialect. I would get closer to the famous Austrian humor by watching it. I would like to read books or stories which are only available in German.

Our teacher at the course in wonderful. She explains everything so clearly that it makes us understand the difficult grammar rules easier. She is also patient. Sometimes we ask the same questions all over again and she still answers and want to make sure we got it.

There are only 12 students in the class which makes an atmosphere where it is easier to learn. We practice and play grammar games a lot, it is good, because we use immediately what we have learned.

Just find the perfect company for studying

Why did I chose to learn German?

When I married to a handsome Austrian man it became clear that, some time, maybe not in the very distant future I will have to learn German. Just to be able to communicate with the family or raising kids together.
Well, we were living in California, so I wasn’t very motivated. I wanted to show him that I’m interested in his culture so I started an on-line course but, I didn’t get further than the basics.
The city where we lived was founded by a Swiss man though, and a lot of German people moved there to find their luck during the gold rush. It has a huge German community (from first generation Germans to German descendants), they have an official beer fest, most of the women own at least one dirndl (sometimes more) and Heidi is a really common name. The local Turnverein offers German lessons and they are sold out fast.

When my husband got his new position in Vienna, I was shocked. I knew that without speaking the language I won’t find a good job and I didn’t want to sit at home. So I decided to learn German in all my free time but, I was too worried so I drove to San Francisco instead 🙂 It calmed me down, our moving date seemed far enough. We had only two months left…

So I came to Vienna with a very basic knowledge (level A1.1)
which of course wasn’t enough for anything. We started to look for courses. I wanted something very intensive where I can feel motivated and we practice a lot. My husband found DeutschAkademie, it had really good reviews so we decided to give it a try.
I had to write a test to see which level I could fit in. In March I started A1.2. I knew most of the things already but I couldn’t use them, I recognized the words but they didn’t come to my mind in everyday situations, I mixed up the articles and the “Personalpronomen”.
Our teacher was wonderful. Patient over all 🙂 We were practicing a lot, we were forced to talk, create sentences, use the proper articles.
I absolutely loved it! Slowly, my German started to improve. First I was too shy to talk, what if I mix up the articles or use dativ instead of akkusativ? Well, who cares? Just talk as much as possible and it will get better.

Last week we visited my mother in law again and we could have our first real conversation! I was very proud of myself – also my husband. Hard work really pays off 🙂

Find someone who can support you while studying:

Just find the perfect company for studying

Shout-out to DeutschAkademie

This Thursday was the final day of my B2.1 course here in Deutschakademie. In total, I’ve spent 2 months studying here, and one more is just around the corner, so hopefully I’ll reach the B2 level soon.

So, how can I sum up my experience here? In one word: just awesome. To be fair, I couldn’t imagine that my German would improve so much over these 2 months: I’ve learned tons of new grammar, trained my listening and reading skills, became more confident at speaking, and, of course, learned a huge amount of new vocabulary. It’s amazing how much information and knowledge has been given to me and my classmates during the courses, and even more fascinating was the way we were taught: fun, easy and informal. All this combined led to great productivity and awesome language improvement results for all of us.

Sounds like a cool environment to skyrocket your German skills? Then DeutschAkademie is the right place for you. Check out the next course dates and register now! Don’t believe the rumors, life is not too short to learn German.

I’m wishing every one of you a great time in Vienna and a lot of success in mastering German. Choose DeutschAkademie and very soon you’ll nail your coffee house orders or you’ll even be able to see the best theatre shows in German. Hope I managed to share some ideas about Viennese activities through my tips and observations, which I’ve posted during the last month. Anyway, the best way to learn Vienna (as well as any other place) is just to go out and explore. In Vienna you can do it endlessly.

Best wishes and good luck,

Viktoriia

B1.2 is over!

Yesterday was the last day of my B1.2 intensive course here in DeutschAkademie. Long story short: it was so, so, SO good! That’s why in this post I want to tell you more about my progress, the course itself and my impressions about it.

To be honest, before the beginning of the classes, I was slightly worried about the course level I was put into, but eventually it turned out to be a perfect fit. I have already done a couple of intensive courses in my home country before the beginning of this one, so I knew what to expect from it. An intensive course is usually a perfect and balanced mix of reading, listening, writing, and, of course, speaking: your brain works non-stop during the class, and even after the end of it you still think about German 🙂 However, don’t worry about the big amount of workload – doing an intensive course is easier than it sounds! The atmosphere in the class is very nice and informal, everyone has more or less the same language level – that’s a perfect environment to learn (also from each other’s mistakes!). And of course I totally must mention the importance of the teacher: my class had an absolutely professional, competent and super friendly one! He was keeping us motivated and concentrated during the whole course, and he was very supportive, which I find very important in learning. But I’m pretty sure that this description applies to all teachers in DeutschAkademie.

Class routine at DeutschAkademie

So, did I learn a lot during this month? No. In fact, I learned a massive amount of stuff! Finally all the grammar gaps in my mind have started to fill themselves, now I’m able to express myself much better, both in speaking and writing. One thing I need to work harder though, is my vocabulary. But this 100% depends on me: I can access all the possibly existing German words straight from my laptop, which can be used not only for endless Internet surfing 🙂 Just a little less procrastination and it’s all good!

P.S. The course was so much fun, that I’ve decided to continue further! Very excited to start B2.1 next Monday and to learn more of those cheeky grammar rules & verb conjugations!

Hallo to all fellow German learners!

Hi there!
My name is Viktoriia and during this month I will be sharing my experience in learning German and exploring Vienna. Well, actually, the last thing we will be doing together with you, my dear reader! 🙂

Something about me: I’m 19 years old and I’m originally from the capital of Ukraine – Kiev. I’ve spent half of my childhood in Kazakhstan, then returned back to my homeland and at the age of 17 I’ve moved to Finland to study in a university. But I guess an inner wanderlust has always been hidden inside me, probably that’s the explanation of why I’ve changed places again? Now I’m here in beautiful Vienna doing my Erasmus exchange year since September 2016 and I absolutely love it. I couldn’t make up my mind about the place for my exchange for a very long time, but finally Vienna won my heart, because of all amazing things and opportunities this city offers, and of course because I can improve my German here. And you know what? I didn’t regret my decision for any single second! There’s so much to see, try and experience here – in this city, “more” is never “enough”.

At some point of my stay I have realized that maybe it was the time to take the opportunity of living in a German-speaking city more seriously, and that’s how I ended up doing an intensive course here at DeutschAkademie. I’m studying B1.2 level now, and have already secured my spot for the next-level course – B2.1. To be fair, I couldn’t have wished for a better German course, I love everything about it! But I’ll tell you more about it in the future posts. For now, enjoy these pictures of wonderful Vienna 🙂

 

Stay tuned!

Cheers, Viktoriia

ドイツ語を通じて世界と繋がりませんか?

今日は再びDeutschAkademieの様子と、ウィーンで感じていることについてお伝えしたいと思います。投稿者については初回の投稿をご覧下さい。

昨日の投稿でお伝えした通り、今日はまた新たな代講の先生を迎えてのコース最終日でした。コース前半は文法事項を中心に勉強し、後半は現代社会が抱える様々な問題についてのDiskussion―ディスカッションを行いました。今日の先生―アンドレアは、たったの3時間だったとは思えない程、本当に沢山のことを教えて下さいました。3月31日教室にてディスカッションの様子

コースが終わった後はBüro―事務所に行き、Kursbestätigung―コースの証明書を発行してもらいました。ドイツ語圏の大学等で学んだり、職に就いたりする際に提出が求められる証明書とは異なるのですが、いつ、どこで、どのレベルのドイツ語を学んだかの記録でもあるので、私は毎回欠かさずコース修了時にもらっています。証明書発行の時には大抵事務の方とドイツ語で色々お話できるので、それも証明書を受け取りに行く時の楽しみの1つです。
自室にて

Kursbestätigungを手に自室にて

さて、ここからは今私がウィーンで感じていることについて書きたいと思います。ウィーン国立オペラ座に立ち見をしに行くと、他の立ち見席の常連さん方に話しかけられることが多いです。その時にドイツ語を話すと、英語で話をした場合よりも親密さが増す気がしています。先日楽友協会の黄金のホールにコンサートを聴きに行った時にも、隣の席になったご婦人にドイツ語で話しかけられました。最初は聞き取れなかったのですが、その方は再度少しゆっくりめに話して下さり、そのおかげで理解することができ、心が通じ合ったような気がして嬉しくなりました。日本では「知らない方とちょっとしたお喋りをする」という機会はあまりないと思うのですが、ウィーンでは少し前まで他人だった人が友達になっているなんてことがよくあります。そうした経験も踏まえ、皆さんにも是非ウィーンでドイツ語を話していただきたいと思います。

今日で私の投稿は最後になります。世界中から集まったDeutschAkademieのクラスメートは、コースが終わっても、更にはウィーンを離れても良き友人であり、それはDeutschAkademieでドイツ語を通じて深い絆が育まれるためだと思います。さあ、あなたもウィーンでドイツ語を学んで世界と繋がりましょう!

Wir ziehen den Endspurt an!!!―ラストスパート!!!

今日は再びDeutschAkademieのコースの様子をお伝えしたいと思います。投稿者については初回の投稿をご覧下さい。

今週のコースは3日間だけなのですが、私達の先生―フィロがイースター休暇に出かけているため、昨日・今日の2日間、代講の先生の元で勉強しました。教え方がフィロとは全く異なるため、最初はクラスメート全員で戸惑いましたが、徐々にそのペースに慣れていったような気がします。明日はまた新たな代講の先生を迎えてのコース最終日になるのですが、昨日・今日で培った順応性を活かして最後までしっかりと学ぶつもりです。

さて、昨日・今日で学んだ内容を取り上げたいと思います。まず、Konjunktion―接続詞による新たな表現を勉強しました。接続詞の種類によって語順が変化したり、文中にコンマが必要になったりするので、それぞれの接続詞について、既習のものも含め細かく確認しながら進んでいきました。次に、以前の投稿でご紹介したKonjunktiv Ⅱ im Perfekt―接続法第Ⅱ式(過去/完了形)について、復習をしつつ更に奥深いところまで勉強を進めました。そして、長文読解を通してPlusquamperfekt―過去完了形に触れ、主にどういった場面で過去完了形を使うのかについて勉強しました。

X-Celsior Caffè Barにてコースの後、クラスメートと共に

今のコースB1(2)で学習する文法事項は少ないとのことだったのですが…こうして振り返ってみると、私達にしてみれば少ないとは言い難い量でした。しかし、学んだ分だけドイツ語での表現の幅が広がったのは確かです。また、学んだ文法事項がしっかりと身に付いているかどうかがB2で試されるそうなので、コース修了間際とはいえ、代講の先生もとても熱心に教えて下さいました。いよいよ明日でコースが終わります!寂しい気持ちもありますが、このラストスパートの勢いのままコースを終えたいと思います。

Osterferien und Sommerzeit―イースター休暇とサマータイム

今日はイースターとサマータイムについてお伝えしたいと思います。投稿者については初回の投稿をご覧下さい。

近年日本でもイースターという単語は聞かれるようになりましたが、実際にどんなものなのかはあまり知られていないような気がします。ウィーンでは、Weihnachten―クリスマスほど多くはありませんがOstermarkt―イースターマーケットが開かれています。DeutschAkademieのクラスメート曰く、イースターのお祝いの主役は子供達なのだそうで、イースターマーケットの会場でも子供向けの人形劇が行われていたり、子供達のための様々な遊びのイベントが行われていたりしました。
人形劇の様子Kalvarienberg Festの人形劇の様子

 
イースター当日に訪れたFreyungでのウィーンの伝統的なイースターマーケットも、Altwiener Ostermarktの様子イースター翌日の月曜日(移動祝祭日)に訪れたシェーンブルン宮殿でのイースターマーケットも、
シェーンブルン宮殿にてご覧の通りの大賑わいでした。

そして、イースターといったら何といっても卵!色とりどりに装飾されたOsterei―イースターエッグが沢山並んでいました。イースターエッグ店にて

 

そんなイースター休暇中、今年はイースター当日の真夜中に時間がサマータイムに切り替わりました。時計の針を1時間進め、日本との時差7時間の生活が再び始まりました。イースター休暇中の出来事だったため、今朝のDeutschAkademieの時計は…まだ元の時間を指していました。
今日の時計イースターもサマータイムも、日本を出なければ未知の世界のままだったのか…と、ウィーンで勉強する・体験する数多くのことに尚更有難みを感じる今日この頃です。

最後の1週間を前に…

 

今日は、DeutschAkademieの今のコースで学んだ内容について振り返りたいと思います。投稿者については初回の投稿をご覧下さい。

まず、Konjunktiv Ⅱ im Perfekt―接続法第Ⅱ式(過去/完了形)について勉強しました。Konjunktiv Ⅱ im Präsens―接続法第Ⅱ式(現在)、つまり現在における願望や仮定(もし~だったら…するのに)を述べる方法については既に学習していたのですが、いつの間にか頭からすっかり抜けてしまっていたのでその復習から始め、その時制が過去になった場合には完了形を用いることを学びました。

次に、Zweiteilige Konjunktionen―接続詞の組み合わせ等による表現について勉強しました。
具体的な例を挙げると、
entweder A oder B(AかBか)、sowohl A als auch B・nicht nur A sondern auch B(AもBも)、weder A noch B(AもBも~ない)、zwar A aber B(Aを~するけれどBを…する)、einerseits A andererseits B(一方ではA他方ではB)、je A desto B(AすればするほどBする)、als ob~(~かのように)、um…zu 不定詞(目的を表す)
といったところです。習いたての時は単語の組み合わせを間違えることも多かったですが、何度も練習・復習するうちに自然と使えるようになりました。

また、Adjektive aus Partizip Präsens―現在分詞を用いた形容詞とAdjektive aus Partizip Perfekt―過去分詞を用いた形容詞について勉強しました。それぞれの分詞の元となる動詞が自動詞であるのか、他動詞であるのかを考え、その形容詞に相応しい被修飾語、そして文を編み出すのは容易ではありませんでした。

そして、今日はPassiv―受け身の完了・過去・未来形について勉強しました。私達のコースでは、新しく学んだ文法事項や単語をしっかりと身に付けるために、新しく学んだ内容を用いて文章を書くという宿題が出されることが多いです。私達の先生は「私は添削するのが好きだから沢山書いてね」とのことなので、「受け身」を使った長文を書きたいと思います!私のノートこれまでの宿題

屋台グルメのススメ!

今日は、ウィーンの屋台グルメについてお伝えしたいと思います。投稿者については初回の投稿をご覧下さい。

近年、ウィーンには焼きそばやお寿司、ケバブやピッツアを販売するアジア系の屋台が増加しているそうですが、私の1番のお勧めはWürstelstand―ソーセージの屋台です。Weihnachtenmarkt―クリスマスマーケットに出店していたソーセージの屋台でHotdog―ホットドッグを注文した時、その余りの美味しさに寒さを忘れる程感動しました。そして、ウィーンにあるソーセージの屋台ランキングが新聞で紹介されているのを読んだことがきっかけで、ソーセージの屋台巡りを始めました。

BitzingerにてBitzingerにてこちらのお店はウィーンのガイドブックに載るくらい有名で、ウィーン国立オペラ座とアルベルティーナの間にあり、DeutschAkademieからも簡単に行くことができます。いつ見ても列ができているお店ですが、並んでからそう待たずに購入できますので、是非1度お試し下さい。お店に併設されているカウンターの上方に暖房器具が設置されていて、寒い時期に外で食べるにしても少しでも暖かい環境で食べられるようにという、お店の気遣いを感じました。

Zum Scharfen ReneにてZum scharfen Reneにてこちらのお店は先述のランキングで第1位を獲得しています。楽友協会とコンツェルトハウスの間にあるシュヴァルツェンベルグ広場に面したお店で、店員さんはとても明るくて気さくな方でした。営業していない日もあるので、お店が開いているのを見たら是非立ち寄ってみて下さい。

ソーセージの屋台に限らず、ウィーンの屋台グルメの店員さん達の中には、注文から出来上がりまでの間に色々と話しかけてくれる方もいます。注文する時にドイツ語を話すと、当たり前ながらその後の会話も自然とドイツ語になるので、ドイツ語会話の実践演習にもなります。本場のウィーナー・ソーセージ、あなたも是非ウィーンの屋台でお楽しみ下さい。

ドイツ語勉強法~その3~

今日は再びドイツ語の勉強法についてお伝えしたいと思います。投稿者については初回の投稿をご覧下さい。

ウィーンではHeuteとÖsterreichというZeitung―新聞が無料で配布されています。街のあちらこちらにGRATIS―無料でと書かれた新聞ケースが置かれており、そこから自由に手に入れることができ、日によっては街中で新聞社の方が道行く人に手渡しています。DeutschAkademieのコースでも新聞に関する話題が取り上げられる機会が多く、先生方曰く「文法の正確さから言ったら有料の新聞を読むべき」とのことなのですが、まずはドイツ語に触れる頻度を高めることが大切なため、クラスメートも私も毎日この無料の新聞に目を通しています。私は昨日、ウィーン国立オペラ座にバレエ「海賊」を鑑賞しに行ってきたのですが、一昨日がそのPremiere―初演だったため、今日はどちらの新聞にもその様子が取り上げられていました。今日の新聞左上・右がHeute、左下がÖsterreichの記事

初めの頃は新聞の見出しすら読めませんでしたが、最近は本文を斜め読みできるようになりました。読んでいて意味の分からない文章について、クラスメートと一緒に考えたり、コースで先生に質問したりできるので、とても有意義な勉強法だと感じています。

また、DeutschAkademieが提供しているOnline Deutschkursは大変お勧めです。サイトの最上部に表示されている黒いバーのVersionという文字の右にあるイギリスの国旗マークを押すと、このページの説明が英語に切り替わります。私は、緑色のPractice Germanと書かれたボタンを選び、ページが切り替わった先でPractice your German levelを選び、更にページが切り替わった先で自分のレベルを選び、その先で出題テーマ、問題数を選んで勉強しています。

Online German CourseOnline Deutschkursのページ

こちらのサイトはどなたでも無料で勉強できますので、ドイツ語の文法の勉強に是非ご活用下さい。